やかまし村文庫<ブログ>だより №38

f:id:yakamashimurabunko:20210613213847j:plainf:id:yakamashimurabunko:20210613213946j:plain

オジサンの最新作3つ。動くオモチャです。

遊んでやってくださいね。

f:id:yakamashimurabunko:20210613215233j:plain

母が老人会でもらってきたらしい笹飾りがあったので、

飾ってみました。短冊に願い事を書いてつるしてくださいね。

f:id:yakamashimurabunko:20210613215434j:plainf:id:yakamashimurabunko:20210613215615j:plainf:id:yakamashimurabunko:20210613215757j:plainf:id:yakamashimurabunko:20210613220129j:plain

 畑の野菜も生長中!ミニトマト・ピーマン・ナス・キュウリ

オクラももう少しで収穫できると思います。

カブ・水菜・小松菜は、味噌汁にして食べました(^^)v

ミニブックトーク📖

身がわり・入れ替わり・なりすまし?

 f:id:yakamashimurabunko:20210613220903j:plain

【身がわり王子と大どろぼう】童話館出版

シド=フライシュマン作 ピーター=シス絵 谷口由美子・訳

ホラス王子は大変なあくたれ坊主。いつもいたずらをして、まわりの

人を困らせることばかりしています。その上、勉強も嫌いで、

自分の名前さえ書けません。でも、罰としてムチで打たれるのは、

身代わり役の少年ジェミーでした。

あくたれ王子は、身代わり少年がムチで打たれて泣き叫ぶのを見て

面白がるような子でしたが、ジェミーは王子を喜ばせるのは嫌なので、

絶対泣き叫んだりしませんでした。王子は、そんなジェミーのことが

気に入りませんでしたが、こんな生活に嫌気がさした王子は、

ジェミーをお供に連れて、城を逃げ出します。

ジェミーは、王子のスキを見て自由になろうと思うのですが、

二人は道に迷って、泥棒につかまってしまいます。

二人の泥棒どもは、捕まえたのが本物の王子と身代わり少年だと

わかると、王さまに手紙を書いて身代金をせしめようと思います。

でも、泥棒どもは字が書けません。そこで王子に書かせようとしますが、

王子も、字が書けませんでしたね。ジェミーは、王子が勉強するとき、

王子がヘマをすると代わりにムチで打たれるために、そばにいて

一緒に先生の話を聞いていたので、すっかり読み書きができるように

なっていました。そこでジェミーが代わりに手紙を書くことになります。

でも、本物の王子が字が書けなくて身代わり少年が字が書けるなんて、

それはおかしい、ジェミーが本物の王子で、偉そうにしている少年が、

身代わり役なのでは?と、泥棒どもは勝手に勘違いします。

それを利用して、ジェミーは王子を逃がそうと考えますが、

王子は、城には帰らないと言い張ります。

ジェミーと王子は、命の危険にさらされながらも、言いたいことを

言い合い、喧嘩しながら、泥棒どもから逃げ出そうと頑張ります。

そんな中で、あくたれ王子が少しずつ変わっていきます。

王子が変化していくようすを、じっくり味わってくださいね。

f:id:yakamashimurabunko:20210613220941j:plain

【フランチェスコフランチェスカ福音館書店

ベッティーナ さく・え わたなべしげお訳

次は「入れ替わり」です。盗賊の恰好をしているのがフランチェスコ

白いドレスの女の子がフランチェスカです。

フランチェスコは、フランチェスカが大好き。

カーニバルの会場で、フランチェスカを見かけますが、人ごみで、

なかなか近くにいけません。突然、知らない男の子に、

衣装を取り替えてくれと頼まれます。頼んできたのはウンベルト。

ところが、取りかえたとたん男の人に捕まってしまいます。

男の人は、フランチェスコをウンベルトだと思い込んだのです。

男の人は、ウンベルトのおじさんで、ウンベルトが財布を盗んで、

お金を使いまくっているので、怒って捕まえにきたのです。

フランチェスコは、腹ペコのまま地下室に閉じ込められてしまいます。

一方、ウンベルトはフランチェスカと出会い、フランチェスコだと

思いこんでいるフランチェスカと踊ったり、ケーキを食べたりして

楽しく過ごしています。ところが、財布からお金を払っているのを見た、

フランチェスコの友達に咎められて、逃げ出します。

ウンベルトはどうなってしまうのでしょう?濡れ衣をきせられた

フランチェスコはどうなるのでしょう?フランチェスカは、

フランチェスコに会えるのでしょうか?

気になる人は、読んでくださいね。

f:id:yakamashimurabunko:20210613221016j:plain

【トラのじゅうたんになりたかったトラ】岩波書店

ジェラルド・ローズ 文・絵 ふしみみさを訳 

おしまいは「なりすまし?」です。

『トラのじゅうたんになりたかったトラ』このトラは、年を取って、

エサもろくに捕れなかったので、痩せて骨と皮ばかりになって、

サルからもバカにされるしまつ。

王さまの宮殿を覗いては、「羨ましいなぁ。あそこにいって、

仲間に入れてもらいたいなぁ」と思っていました。

そんなある日、トラは、宮殿の召使が、城中のじゅうたんを

干しているのをみかけます。するとその中に、トラのじゅうたんが

あるではありませんか!「そうだ!」とひらめいたトラは、

召使が見ていないスキに、トラのじゅうたんを隠して、

自分が洗濯ひもにぶら下がります。

そんなこととは気づかない召使は、トラのじゅうたんを

パンパンはたいて、広間に敷きます。

こうして、まんまと宮殿に入り込むことができました。

トラは、王さまたちがご馳走を食べたりしている間は、

バレないように、じっとじゅうたんになりきって過ごしました。

夜になって、王さまたちが寝にいってしまうと、残ったご馳走を食べ、

おいしい紅茶を飲んで、温かい広間でのびのび眠りました。

ところが、ご馳走を食べているうちにトラはだんだん太ってきました。

「まずい!これでは、生きたトラだとバレてしまう。どうしよう」

そんな心配をしているとき、なんと、宮殿に泥棒が入り込んできます。

さあ、どうなってしまうのでしょうか!?

気になる人は、読んでくださいね。

やかまし村文庫<ブログ>だより №37

今年も、鈴虫くんが登場しました。

f:id:yakamashimurabunko:20210524231703j:plain

6月初めには、孵化するかな?

f:id:yakamashimurabunko:20210524231822j:plainf:id:yakamashimurabunko:20210524231900j:plain

オジサンの新作、陽明門と姫路城。タンスの上に並んでます。

見てやってね(^^;

f:id:yakamashimurabunko:20210524232114j:plain

 畑から間引きしてきた「初収穫」の野菜です!

小松菜・カブ・水菜・サンチュ

サンチュはチシャともいうらしく、

これはいよいよ「ラプンツェル」を覚えなくては!

などと思った次第です(^^;

6月のプログラムと予定

f:id:yakamashimurabunko:20210524233302j:plain

パルシステムの助成により購入した本も、プログラムに入れました。

楽しんでもらえるといいなぁ~~!!

🎵わらべうたであそぼう🎵

f:id:yakamashimurabunko:20210524233735j:plainf:id:yakamashimurabunko:20210524233812j:plainf:id:yakamashimurabunko:20210524233915j:plainf:id:yakamashimurabunko:20210524234004j:plain

ここはてっくび てのひら ありゃりゃに こりゃりゃ

f:id:yakamashimurabunko:20210524234043j:plainf:id:yakamashimurabunko:20210524234127j:plainf:id:yakamashimurabunko:20210524234213j:plain

せったかぼうずに いしゃぼうず おさけわかしのかんたろうさん

【わらべうたと子どもの育ち】 木村はるみ著 エイデル研究所

 

やかまし村文庫<ブログ>だより №36

パルシステムの助成により

  本を購入しました📖

f:id:yakamashimurabunko:20210508232550j:plainf:id:yakamashimurabunko:20210508232643j:plain

まずは、第一弾、GWの間に装備して、なんとか間に合いました。

新たに購入した本、古くなったものを買い替えたもの、

たくさん読んでくださいね!!

更に、追加していく予定です。楽しみにしてください♬

 

🎵わらべうたであそぼう🎵

たけのこめだした はなさきゃひらいた

はさみでちょんぎるぞ えっさ えっさ えっさっさ

  『わらべうたと子どもの育ち』P171 

   木村はるみ著 エイデル研究所

たけんこがはえた たけんこがはえ

ぶらんこ ぶらんこ さるがえり

  『いっしょにあそぼう わらべうた』0・1・2歳児クラス

   コダーイ芸術教育研究所・著 明治図書

だだっこさん、コロッケあげようか?

  いいえ、母さん、そりゃからい!

だだっこさん、お魚あげようか?

  いいえ、母さん、そりゃこげくさい!

だだっこさん、それじゃサラダおあがり

  いいえ、母さん、そりゃまずい!

だだっこさん、それではパンをあげようか?

  いいえ、母さん、そりゃほしくない!

なんにもたべないだだっこさん、

おまえにゃげんごつくれてやろう!

    (フランスの伝承)

  『いっしょにあそぼう わらべうた』0・1・2歳児クラス

    コダーイ芸術教育研究所・著 明治図書

畑に苗を植えました!

f:id:yakamashimurabunko:20210508234518j:plainf:id:yakamashimurabunko:20210508234615j:plain

畑に苗を植えてきました。

既に撒いてあった種からは、芽が出てきました。

エダマメ、オクラ、カブ、水菜、サンチュ

ピーマン、ナス、ミニトマト、キュウリ

収穫が楽しみです。

やかまし村文庫<ブログ>だより №35

ミニブックトーク📖『まめ』

畑仕事を始めて、最初の仕事は、土づくりをして、畝を作り、

マルチという黒いビニールシートを張って、種を蒔く準備を

することでした。作る作物に合わせて、適量の肥料を入れるのですが、

エダマメには、肥料はいらないそうです。

マメ科の野菜の根には、根粒菌という栄養(窒素)を供給

してくれる菌が共生するので、耕すだけでいいそうです。

ということで、そんな『まめ』についての絵本を紹介しますね。

f:id:yakamashimurabunko:20210417110948j:plain

【だいず えだまめ まめもやし】

こうやすすむ文 なかじまむつこ絵 福音館書店

くいしいんぼうの三人兄弟、いちろう、はなこ、じろう

三人は、お隣のおじいさんから、大豆を10粒ずつもらいました。

「畑に蒔けば、ふえるよ」と言われ、おじいさんに教わったとおり、

一晩水につけました。

一年目はうまくいったので、二年目は、自分達でやってみることに。

すると…忘れん坊のいちろうは、大豆を水につけたまま、

物置に置きっぱなしにしてしまっていました。

だけど、よくみると…それは、豆もやしになっていたんです!

いちろうは、「野菜炒め」と「もやしラーメン」を作って、

みんなで食べました。

じろうは、さやが大きく膨らんだのをみて、待ちきれなくなって、

「これは、エダマメにそっくりだ」と言って、ゆでて、

食べてみると…ほんとに、エダマメでした!

しっかり者のはなこは、さやが黄色く実るまで待ちました。

こうして、はなこの畑からは、大豆がたくさんとれました。

同じ大豆が、違う形のときに、違う名前がついていたなんて、

おもしろいですね(^^)v

f:id:yakamashimurabunko:20210417111614j:plain

【ピーナッツ なんきんまめ らっかせい

こうやすすむ文 中島睦子・絵 福音館書店

こちらも、同じものなのに、名前が違う食べ物です。

「らっかせい」の殻をわったら「なんきんまめ」

「なんきんまめ」の薄皮をむいたら「ピーナッツ」(^^)v

生のらっかせいを土に埋めると…根が出て、葉が伸び、

花がしおれて、垂れ下がると…

花の根元から、何か伸びて、針のようにとがったものが、

ぐんぐん下に伸びて、地面の中へ入っていく!!

すると…土の中で、針の先っちょが、ふくらんで…

なんと、土の中にらっかせいができた!!

「落花生」って、書くんだものね。

なるほど、この名前は納得ですね。

f:id:yakamashimurabunko:20210417112140j:plain

【まめ】

平山和子・さく 福音館書店

大豆も落花生も豆ですが、ほかにも、たくさんの豆があります。

ほんとに、いろんな豆があるものです。

この本を読めば、豆について、詳しくなれますよ!

色や形、大きさもいろいろ…さやの形もいろいろです。

80センチもある長いさやの豆もあるんですね。

「さんじゃくまめ」三尺豆、一尺は約33センチなので、

なるほど、三尺ある豆なのですね。

豆が、土の中で成長するようすも、わかりやすく描いてあります。

豆は、栄養満点!食べたくなりますね。

25年目を記念して、

絵本ラックを購入しました!

f:id:yakamashimurabunko:20210417113733j:plain

屋根裏の本棚からはみ出した本を、段ボールに布を貼って作った箱に、

入れて『ここの本もかりられます!』と書いて置いてありましたが、

もう少し、手に取りやすいように、表紙も見られるようにと思い、

思い切って、絵本ラックを購入しました。

屋根裏の『面出しコーナー』とともに、おススメの本を、

随時入れ替えて、手に取ってもらえるように、工夫していきたいと

思っています。

三角コーナーに座っている「ピーターラビット」は、

文庫を応援してくださっているスタッフの方に、いただきました。

今年は、文庫の25年目。コロナ禍のもと、工夫を凝らして、

できることを積み重ねていきたいと思います。

やかまし村文庫<ブログ>だより №34

新学期スタート!

f:id:yakamashimurabunko:20210411223923j:plainf:id:yakamashimurabunko:20210411224009j:plain

五月人形を飾って、新学期お迎えの準備をしました。

明日は、春休み明け、初の「わらべうたの会」です。

新メンバーも加わりそうで、楽しみです。

文庫は、14日から始まります。

コロナは、まだまだ油断できない状態ですが、

気持ちも新たに、頑張りましょう!!

本日、畑デビューしてきました(^^;

f:id:yakamashimurabunko:20210411224625j:plainf:id:yakamashimurabunko:20210411224712j:plain

文庫とは関係ありませんが、今日は私の畑デビューの日でした。

実家の近くに’シェア畑’というのがあって、手ぶらで作業ができます。

サポートつきで、素人でも安心。道具も資材の貸してもらえ、

種・苗・肥料等も全部用意されているので、楽チンです。

母の散歩やカーブスに付き合って、実家に日参するようになったので、

もう一つ、母に「行くところ」を作ってあげようと思って、

思い切って始めることにしました。

全くの苦手分野で、心もとない限りですが、

一から教えてもらえるので、なんとかやってみようと思います。

今日は、土を耕して肥料を混ぜ、畝を作ってマルチを張るところまで。

母には、マルチを張るのを手伝ってもらいました。(母は94歳)

これで、2週間くらいおくと、種を蒔けるそうです。

小さな畑ですが、足腰ガクガク…それでも収穫が楽しみです。

やかまし村文庫<ブログ>だより №33

4月2日は、アンデルセンの誕生日

f:id:yakamashimurabunko:20210402203851j:plainf:id:yakamashimurabunko:20210402203953j:plain

f:id:yakamashimurabunko:20210402210234j:plain

かまし村文庫では、昨年より、年一回『アンデルセンのお話会』

を開くことになり、今年は、第2回目でした。

アンデルセンのお話だけを、まとめて聞くのは初めてだったが、

ほかのお話の中に一つアンデルセンが入って聞くのとは違った

味わいがあって、こうして、まとめて聞くことができて、

とても良かった」という感想をいただきました。

耳から聞くからこそ味わえる、お話の醍醐味を共有した、

楽しいひとときでした。

 今回は、コロナの為、文庫のお話の勉強会仲間だけでの開催

でしたが、コロナが収まったら、お話を楽しみたいという皆さんに

お声掛けして、みんなで集まれたらと願っています。

パルシステム千葉

コミュニティ活動助成基金交付決定!!

生活協同組合パルシステム千葉が行っている助成金事業

パルシステム千葉コミュニティ活動助成基金」があると聞き、

思い切って応募してみました。

船橋市の市民活動サポートセンターのサイトで紹介していました。

先日、交付決定通知書が届き、20万円の助成が受けられることに

なりました。

運営委員会からのコメントは、次のようなものでした。

  事業名:文庫並びにわらべうたの会

   子どもが歩いて行ける児童館・図書館がない地域に、

   本や絵本を手に取ることができる、子育ての場を提供する、

   地域に寄り添う活動に、今後も期待します。

今年は、文庫の25年目にあたる年です。

地域のこども図書館として、また児童館として、

くつろいで、本を手に取り、わらべうたで遊び、

子ども達も、ママ達も、楽しく過ごせる場となるように、

工夫していきたいと思います。

やかまし村文庫<ブログ>だより №32

4月のプログラム

f:id:yakamashimurabunko:20210319223209j:plain

3月の文庫は、26日『金曜やかまし』を残すのみ。

桜も早咲き始め、新学期も目の前です。

新一年生もいるので、小学生の部が賑やかになりそうです。

f:id:yakamashimurabunko:20210319223551j:plainf:id:yakamashimurabunko:20210319223635j:plain

福音館書店のHPに、『おうちであそぼう』というところがあって、

だるまちゃんの紙相撲が作れるキットや、

だるまちゃんやぐりとぐらの塗り絵がダウンロードできます。

早速、作ってみました。

ほかにも、小学生向けのクイズや、

「ぞうくんのさんぽ」のかめくんの「かめくんのさんぽ」豆本

ぐりとぐら」のカステラのレシピも載っています。

f:id:yakamashimurabunko:20210319224059j:plainf:id:yakamashimurabunko:20210319224131j:plain

ヒマなオジサンの最新作『宇治平等院鳳凰堂』が、玄関でお出迎え。

4月14日から、新学期が始まります。

ミニブックトーク📖春、お花がいっぱい

春といえば、お花がいっぱい、色とりどりで楽しくなりますね。

そんなお花の本をご紹介します。

春の花といえば、代表格はなんといっても桜ですね。

f:id:yakamashimurabunko:20210319224826j:plain

【さくら】福音館書店

長谷川摂子・文 矢間芳子・絵・構成

ソメイヨシノの花が咲いて、散り、葉が出て、実をつけ、

葉がしげり、秋になると紅葉し、葉が散り、つぼみが膨らんで、

また花が咲く…

ソメイヨシノの一年が、きれいな絵で描かれています。

裏表紙には、そのほかの桜の仲間も載っています。

ヤマザクラオオシマザクラシダレザクラカンヒザクラ

どれも、アンデルセン公園でも見られますよ。

寒緋桜は、もう終わりに近づき、早くもソメイヨシノが咲き始めます。

f:id:yakamashimurabunko:20210319225637j:plain

【はながさいたら】福音館書店

菅原久夫・文 石部虎二・絵

花は、どうやって咲いて、実をつけて、それからどうなるのでしょう?

さくら、かぼちゃ、松の木、とうもろこし、栗、いちょう

花が咲いたら…と、その花にズームインして、虫になった気分!

それぞれの花には、おしべとめしべがあり、

ものによっては、おばなとめばなが別々に咲くものもあることが、

よくわかりますよ。

f:id:yakamashimurabunko:20210319230129j:plain

【たんぽぽ】福音館書店

平山和子・文・絵 北村四郎・監修

この本を見て、一番びっくりするのは、きっとこのページ(P8~11)

「たんぽぽの根をほってみました」といって、見開き2ページに

わたって、たんぽぽの根が描いてあります。

たんぽぽの根は、途中で切って、また土に埋めると、

ちゃんと根をだし、葉を出して、たんぽぽになるようですよ!

たんぽぽのつぼみが、花を開いて、夕方には花を閉じ、

二日目に、また開いて、一日目より、もっと開いて、

また閉じる様子や、雨の日や、くもりの日には、花は閉じていること。

たんぽぽの花は、じつは小さな花の集まりで、240もついていること。

それから、どうやって種をとばすか…とっても丁寧に描いてあります。

f:id:yakamashimurabunko:20210319230809j:plain

【すみれとあり】福音館書店

矢間芳子・作 森田竜義・監修

「すみれとあり」このタイトル通り、すみれとありが、

どういう関係なのかが、とてもよくわかる本です。

春の道端に咲いているすみれ、コンクリートの割れ目にも、

石垣の隙間にも咲いている…

どうして、こんなところに咲くのかな?そのわけは…?

すみれが、どうやって種を飛ばすのか、

飛んだ種が、どうなっていくのか…

へぇ~、そうだったんだ!と、ちょっとびっくり、感心します。

NHKの「植物に学ぶ生存戦略」でも、そのうち取り上げられるかも?

気になる人は、是非、読んでくださいね。